ドラム缶工業会

ドラム缶の基礎知識・生産工程

ドラム缶の概要

金属を主材料とした18L以上400L以下の円筒形容器を総称してドラム缶といいます。
ドラム缶は通常200L缶、中小型缶、ペール缶の3種類に大別されます。
18L超200L未満の容器を中小型缶と総称しています。

ドラム缶の各部の名称

ドラム缶の種類

ドラム缶には容量別に以下の種類があります。

鋼製タイトヘッドドラム
(天板固着式ドラム)
呼び容量
鋼製オープンヘッドドラム
(天板取り外し式ドラム)
呼び容量
300Lドラムドラム 300L 300L
200Lドラム 200L 200L
中小型缶 120L
100L
80L
60L
50L
40L
20L
120L
100L
80L
60L
50L
40L
20L
(注1)
板厚による細別
種類 胴板厚 天地厚
H級 1.6mm 1.6mm
M級 1.2mm 1.2mm
LM級 1.0mm 1.2mm
L級 1.0mm 1.0mm
SL級 0.9mm 1.0mm
FL級 0.8mm 1.0mm

(ステンレスドラムはH級1.5mm)

※ダブルウェーブビード、コルゲートを付与する鋼製タイトヘッドドラム
種類 胴板厚 天地厚 ダブルウェーブ コルゲート
LMD級 1.0mm 1.2mm なし
M級 1.0mm 1.0mm なし
LM級 0.9mm 1.0mm
L級 0.8mm 1.0mm

(ノーマルビード品と区別するために、LMD、LDという名称を設定)

※詳細は「ダブルウェーブビードならびにコルゲートを付与する鋼製タイトヘッドドラムの推奨仕様(改正JIS適合薄手化対応)」をご参照下さい。 
また、これらの薄手化対応品のハンドリング上の注意については「ダブルウェーブビードならびにコルゲートを付与する鋼製タイトヘッドドラム(薄手化対応品)とハンドリング」をご参照下さい。

(注2)同じ金属製でも角型の18L缶は「18L缶」と呼び、区別されています。
   (「18L缶」はかつて「石油缶」、「5ガロン缶」「一斗缶」と称されていました。)
(注3)200Lドラムの単位質量:板厚 1.2mmで20kg以上

作業工程

※クリックでPDFが開きます。

提供:科学技術振興機構(JST)